カテゴリ:Equipment( 10 )

BOSS GT-100 / 2012年製

d0220514_22422056.jpg
これは多分マルチエフェクターの最強モデルじゃないでしょうか?
まー色んなことが出来すぎちゃってとても使いこなせませんが色々といじり倒す面白さがありますね。

ちょっと大柄なのでそれ程気合いを入れる必要が無い時は、小型のマルチを持っていくので、残念ながらこのところ出番は少ないです。(汗

d0220514_22425465.jpg
GT-10(2009年製)

実はこの一つ前のGT-10というモデルも持っていたのですが、ほとんど未使用の状態でGT-100を購入する為に下取りに出しました。
ハデハデな銀ラメボディーにやたら眩しいブルー系のパイロット・ランプなど買ったはいいけど、どうにも使う気になれず旧モデルのGT-5を使いながら新しいモデルが出るのを待っていました。
好みにもよりますが使ってみたいと思わせるようなデザインは大事ですよね。

GT-10がGT-100と比べて唯一良かったなと思う点は、利き足が右足ということもありBANK UP/DOWNのフット・スイッチの位置が上段右側にあることでしょうか。

d0220514_22445177.jpg
現在はVer. 2.03になってるのかな?
落ち着いた感じのブラックのボディーは高級カメラのような質感です。
見やすいデュアル・ディスプレイ、ルーパー機能、豊富なエフェクト数等々。
BOSSのサイトからシステムのヴァージョンアップやエフェクトの追加もあります。
それからスティーブ・ルカサーなど有名ミュージシャンの作ったセッティングのパッチがダウンロードできたりします。

うーん、やっぱりBANK UP/DOWNのフット・スイッチが右側にあった方がよかったなぁ。
惜しいなぁ(苦笑
[PR]
by DolphinDreams | 2015-02-03 23:09 | Equipment | Comments(0)

KORG D4 Digital Recorder / 2006年製

d0220514_20285021.jpg

もう製造を中止してしまった機種です。
今ではiPadやiPhoneのアプリがあるのでそちらの方が便利でしょうね(^^;

でも頑張って作られていると思います。
A5サイズのボディーに4トラックあり、各トラックには8つのバーチャルトラック!
録音メディアはコンパクト・フラッシュです。

マルチエフェクト内蔵、87種のメトロノーム、ドラムのリズムパターン。
ギターチューナーも内蔵なのでギターをつないですぐ録音できます。

本体に内蔵マイクもありますがフォーン・ジャック、XLR端子用マイクも接続可能です。
PCにはUSB接続もできるのでデーターのバックアップもできます。

貸しスタジオにYAMAHAのAW16Gを持っていって録音したこともありましたが
もっと手軽な小型のレコーダが欲しかったんですね。
ちょっとしたデモの仮歌を入れたりするのに便利でした。
なかなかかわいいヤツです(笑
[PR]
by DolphinDreams | 2015-01-15 20:31 | Equipment | Comments(0)

YAMAHA THR10 / 2012年製

YAMAHAはこういう物を作るのが上手いですね。
練習用のデスクトップ・アンプとでも言うのでしょうか?

エフェクターも内蔵されているのでギターを繋げばすぐに音が出せるし、iPhone、iPodなどの音楽プレーヤーを外部入力に接続してオケを流しながらの練習も出来ます。
小型アンプでも音質重視のリアルなサウンドです。
さすがはオーディオ・メーカーとしても技術力のあるところを見せつけてくれます。
d0220514_2330879.jpg

システムをVersion2へアップグレードしたところ以前よりクリーンチャンネルのサウンドが改善されたように思います。
d0220514_23303818.jpg

欲を言えばコーラスの効きがわざとらしいところかな?
PCからエディットすれば自然なかかり具合に調整できてコンプレッサーやリミッターなど本体にないエフェクトもかけてユーザー・メモリーに登録できますけどね。
d0220514_23302727.jpg

クロマチックチューナー内蔵、100V電源と電池(単三×8本)駆動。
接続はINPUT、PHONES、AUX IN、USBなど。
出力10W、8cmフルレンジSP×2、重量2.8kg。
[PR]
by DolphinDreams | 2014-08-19 23:36 | Equipment | Comments(2)

LR.Baggs Para Acoustic D.I. & ZOOM A2.1u

LR.Baggs Para Acoustic D.I. / 2005年製
ZOOM A2.1u / 2006年製
d0220514_1564667.jpg

2006年、アコースティック・ギターでのライブ活動を再開させることになり、アコギ用のエフェクター・ボードを組むことにました。

「LR.Baggs Para Acoustic D.I.」はアコギのピックアップの信号を最適な音量と音質にする、本来のナチュラルなサウンドに忠実に増幅するプリアンプということでアコースティック・ギタリストに根強い支持を受けているプリアンプD.I.です。とても安心感があります。
それに加えてエフェクトをかけたりライブで使い易くしたいと思い、当時評判の良かったYAMAHAの「AG Stomp」という既に廃盤になったマルチエフェクターを探していましたが、オークションでも5万以上の高値でやり取りされていました(今では2万前後かな?)ので、「BOSS」と「ZOOM」を比較し使い勝手が良さそうな機能が豊富で価格の求めやすい「ZOOM」に決めました。

決め手はコンパクトなボディーでボリュームペダルが付いている。ギター・チューナー内蔵である。プリセット以外にユーザー・パッチ・メモリが40タイプ設定できる等です。
これ以外にも機能が豊富でとても使いこなせませんが、ZOOMの製品でいつも思いますが、よくこんな低価格でこんなに機能が詰め込めるものだと感心してしまいます。
全てがパーフェクトだとは思いませんが、とりあえず使いたい機能が手早く手に入るのは助かります。

使い辛いところといえば、ディスプレイが小さくアルファベットと数字、または二桁の数字の表示で分かり辛いということと、左右のフット・スイッチでパッチを上下送りするシステムなので遠くのパッチに飛び辛い(オプションのフット・スイッチを使えばバンクの変更も可)、というところでしょうか?
ま、コストを下げる為には仕方がないかなと理解しています。

私の場合「ZOOM A2.1u」で細かな設定を行い「LR.Baggs Para Acoustic D.I.」で全体の大まかな修正を加えるという感じです。
ただ実際のライブ会場でリハの間にそこまでチェックをする時間は取れませんけれど。。。(泣

「ZOOM A2.1u」機能の中に「アコースティック・ギター / プリアンプ・モデリング」というものがあります。
ギターに搭載されたピエゾ・PUやマグネティック・PUで拾った音を普通のマイクで拾った音のように改善し、有名なギターの特徴ある音色を再現するというものです。
私はGibson J-45タイプのギターが好きでそのコピーモデルを使っていますが、ボディー・トップで弦を受け止めるサドルとブリッジの作りがGibson J-45とは違います。
ご存知のようにGibson J-45の特徴はアジャスタブル・ブリッジで、エレキのレス・ポール・モデルのようにサドルの高さをネジで変えられるようになっており、しかもサドルを取り付けているブリッジはボディー・トップとボルト及びナットで固定されています。
てっきりニカワやボンドなどの接着剤で固定されてるのだろうと思い込んでいたので、始めてそのことを知ったとき「楽器なのに木と木をボルトとナットで止めてるって!?」と驚いてしまいました(笑。
そのような構造の為ストロークの際、Martinとは違うあのカラッとしたジャキジャキしたワイルドなサウンドになるのだろうと思います。

私のギターのサドルやブリッジの構造はMartinのようなオーソドックスな作りのため普段はGibson J-45のような音は出ないのですが、「J-45」をモデリングしたパッチを使用して演奏した時のライブハウスで録音された出音(ギター:HEADWAY HJ-908とPU:LR.Baggs MA-1)は結構それらしくジャキジャキ感が再現されてい「へー!?」っと思ってしまいました。(笑
[PR]
by DolphinDreams | 2014-03-06 02:21 | Equipment | Comments(0)

YAMAHA AW16G / 2003年製

d0220514_222225.jpg

多重録音は高校生の頃から始めました。
最初はステレオ・コンポ(Technicsのコンサイス・コンポを使っていました)に弾き語りで録音し、それを再生しながらリード・パートを合わせて弾いたものをラジカセ(ナショナルのMAC-GTって知ってます?)に録るという一番初歩的なものから。
d0220514_145163.jpg
【ナショナル MAC-GT(RQ540)】着脱可能な小型のハンドマイクが付いている。
ミキシング機能が付いていてカセット・テープを流しながらギターの練習が出来る。
ギターアンプの代わりにもなり、トランジスタ・ラジオだがオーバードライブさせると素晴らしいディストーション・サウンドが得られた(汗


その後、楽器店でアルバイトをしていた頃、ティアックから「TASCAM 244」という夢のようなMTRが発売されました。
d0220514_2232711.jpg

確か¥198,000だったと思うんだけど、お金のないあの時によく買ったもんだ。
カセットテープで片面4トラックを使っての倍速録音だから結構奇麗に録れましたね。
弾き語りのバックに山下達郎ばりのコーラスを入れたりして楽しかったです。←ヲタクのはじまり
ドラムマシンもROLANDのTR-606/DRUMATIXで打ち込みも始めました。

当時組んでいたバンドのデモテープもこれで録りましたが結構良く録れたと思います。
ちゃんとドラムパートから順番に録音していきました。
当時のヤマハのコンテスト「EastWest」に応募したんだっけな。懐かしいなぁ!
(地区予選敗退)

そして徐々にデジタル化の波が押し寄せてきてMDなんて便利な物(今では誰も使わない)が出て来てSONYの「MDM-X4」というMTRでデジタルでピンポンが出来るようになり音質劣化が著しく軽減できるようになりました。
d0220514_2242781.png

これとYAMAHAの「QY300」を同期させてオケも充実したデモテープが作れるようになりました。

その後MacのノートでDTM(ソフトウェアを使用したレコーディング)に移行しようとしましたが、どうもハードウェアで慣れてきたせいか設定でつまずいてしまい断念……結局ハードウェアに舞い戻りしてしまいました(汗
d0220514_2254738.jpg
スタジオモニターはYAMAHA MSP3
d0220514_052336.jpg
AW16Gはコンパクトで軽いし(重量4.4Kg。TASCAM 244は10Kg近くあった)16トラック/20GBハードディスク・レコーダー搭載、CD-R/RWドライブ内蔵、マルチエフェクター内蔵でオールインワン仕様。マスタリング機能まであってCD制作まで出来てしまう。
宅録初心者、ギター・プレイヤーなどにも扱いやすい作りになっています。

この頃はバンドもアコースティック・スタイルになったのでトラックもヴォーカル、ギター、ピアノ、コーラス、ギター・ソロ程度で、録音するとどこかでライブ録音したかのようにナチュラルに録れて良かったです。

今ではPCでのレコーディングが主流だし、ハードウェアももっとコンパクトで安くなっているようですね。
「TASCAM 244」からきているせいかソフトより実機の方が操作している安心感があるのかな。
でもそろそろMacでのDTMに慣れなければ。せっかくディスプレイが27インチもあるのだから!(笑
[PR]
by DolphinDreams | 2013-09-05 11:23 | Equipment | Comments(0)

BOSS GT-5 / 1995年製

d0220514_037571.jpg
最初の頃はでかいエフェクターボードにBOSSのCE-1をはじめOD-1などのコンパクト・エフェクターやMXRのPHASE100、DISTORTION+、Goodrichのボリュームペダル、クライベイビーなど、もう忘れてしまったけれど色々とっかえひっかえやってました。
結構楽しかったけど、さすがに重くてスタジオに着く頃は汗だくで手はしびれみたいな重労働でしたね。

1コ1コを即座に切り替えるのは大変だし、物によってはON/OFF時で出力レベルが変わってしまったりと色々悩みもありました。
d0220514_0382229.jpg
 BOSS ME-5(1989年)

なので最初のマルチエフェクター、ME-5が出た時は感動ものでしたね!
それぞれのパッチナンバーにバッキング用、ソロ用など設定しておけばペダル1発で呼び出せて、曲順に並べておけば間違えずに済むし快適ですよね!
もうマルチエフェクターは止められずその後のME-10、そしてこのGT-5と続きました。
あ、SONYのHR-MP5なんてマニアックなのもあったなぁ。内蔵バッテリーが5年位で切れてしまって起動しなくなってしまいそれきり…(涙

今ではコンパクトタイプをマルチ化する便利なシステムもあるようですね。
またエフェクターのことをストンプ・ボックスとかペダルとか呼ぶんですよね?
知らないうちに時代は変わっていきますね〜(汗

歪み系のサウンドに拘る人には物足りないのでしょうけど操作性は抜群ですね。考えられるエフェクターは全て入っているし(歪み系11種、他27種)プリセット150、ユーザーセット150、チューナー内蔵、他諸々私には使いこなせない機能満載!
アンプ・シュミレーターもあるのでハ-ドディスク・レコーダーへLINE入力で録音しても、アンプにマイクを立てたようなサウンドで録れるという至れり尽くせりのマシンです。

今では真ん中上のジョグダイヤルが空回り気味ですがルックスなど愛着もあり、新機種を買った今でも手放せず残っております。(汗
[PR]
by DolphinDreams | 2012-08-16 01:09 | Equipment | Comments(0)

YAMAHA QY300 / 1990年製

d0220514_16251264.jpg

ローランドのTR-606やコルグのドラムマシンなども使ってきましたが
ドラム以外の音源も内蔵し、これ一台でオケができてしまうQY300は
本当によくできたシーケンサーだと思います。

最初QY10というVHSビデオサイズのシーケンサーが出て飛びつきましたが
どうも仕組みがよく理解できなかったことと、ディスプレイが1行しか表示されないため
表示を頻繁に切り替える操作に嫌気がさして友人に売ってしまいました。

その後QY300が登場し「打ち込み」にハマりました。
16トラックもあり音色も豊富で、予め様々なジャンルのフレーズ・パターン、
バッキング・パターン、フィル・インなどがプログラムされています。
「intro」「Main A」「Main B」「Fill AA」「FillBB」「Ending」などイメージに近いパターン
をつなぎ合わせてコード進行を入力してしまえばザックリとしたオケが出来てしまいます。
その後ドラムやベース、ギター、キーボードなどの細かなフレーズやパターンを差し替えて
完成させていきます。

ボーカル、ギターだけのイベントにオケとして使ったり、結婚式の二次会などで
ドラムレスのちょっとしたバンドを組んで大活躍しました。

バンドが年齢とともに(笑)アコースティック・スタイルに変わっていき
あまり使わなくなってしまいましたが、いざという時にはやっぱり便利です。

ある日、ボーカルとギターのみのLiveで簡単なオケが必要になり
しまい込んでいたQY300を出してみると、フロッピー・ディスク(今時!)が読み込めない!
ちょっと慌てましたが、故障の症状をネットで検索してみると
どうやら経年劣化でFDDドライブ内のベルト(輪ゴム)が伸びてしまっていることが分かりました。
ヤフオクではちゃんと「QY300用に使えますよ」と300円で販売していました。
購入して交換し見事修理完了となりました。この故障のケースは結構多いようです。
できればUSBでPC接続できるようなアダプターがあればいいのに。

Macにもソフトウェアーが入っているのでそれを使えばいいのですが、場合によっては
QY300の方が使い勝手が良い時があります。(まぁ慣れていることもありますし…汗)
DJでコンポーザーなどもやっている若い人からは「QY300はドラムとか太い音がして
名機ですよね!」ってお褒めをいただいた時はちょっと嬉しかったです。
[PR]
by DolphinDreams | 2012-07-04 16:48 | Equipment | Comments(2)

Roland JC-120 / 1990年製

d0220514_18382034.jpg
どこのスタジオ、ライブ・ハウスにも置いてありますね。
d0220514_18384450.jpg
出したい音がすぐに出せるので安心です。
d0220514_1839776.jpg
やっぱりこのアンプでしか出せない分厚いコーラス・サウンドが魅力です。
d0220514_18392329.jpg
これにばっかり頼っているのでチューブ・アンプは苦手です。
まぁもっともバリバリ歪ませるタイプではないもので(汗。
d0220514_18393710.jpg
20代後半の頃、上野恩賜公園の水上音楽堂に
このアンプを持っていってよく野外LIVEをやりました。
REBECCA解散直前のNOKKOさんが
お兄さんのバンドと参加された時はビックリしたなぁ!
「NOKKOにそっくりな人が楽屋にいる!」って大騒ぎになって
一緒に写真を撮ってもらったり良い思い出です。
[PR]
by DolphinDreams | 2012-06-12 19:27 | Equipment | Comments(2)

Fender CHAMP / 1970年代

d0220514_0213177.jpg
高校時代の同級生が譲ってくれた「CHAMP」です。
d0220514_0215253.jpg
6Wですが結構大きい音が出てしまうので
d0220514_022862.jpg
練習でもめったに使いません。
d0220514_0223695.jpg
でも、いい音がしていてると思います。
d0220514_023496.jpg
真空管やスピーカーを交換すると面白そうですが、よくわからないのでオリジナルのままです。
[PR]
by DolphinDreams | 2012-04-20 00:30 | Equipment | Comments(0)

生き残ったEffector

今ではすっかりマルチ派ですが、これはコンパクト時代の生き残りです。
d0220514_10572039.jpg
写真左下は、MAXONの「D&S II」。30年以上前に最初に買ったもので、ちょっと前のリハでもちゃんと動きました。(汗 
ディストーションとオーバードライブの中間ぐらいの歪みで使いやすいです。

d0220514_10592724.jpg左上の一つ目の謎の箱は、Dan armstrongの「ORANG SQUEEZER」。コンプレッサーと紹介されていることもありますが、実際はリミッター。
ピッキングがヘタクソで強弱がそろわない時に、一定にツブを揃えてくれるという魔法の小箱。
元は左の写真の形でした。
セミアコのアウトプットにダイレクトに装着するタイプで、リー・リトナーのまねをして使っていました。
セミアコ以外でも使えるように、また足で操作できるようにフットSWタイプに改造したものです。
変なクセが無くてこれも使いやすいです。


d0220514_11079.jpgそして真ん中のBOSSのチューナーの下にあるもう一つの謎の箱ですが、友人に組んでもらったバッファー・アンプです。
1980年代に流行ったPMP(PMG)の「 BUF E945 SUPER BUFFER AMP」(写真左)の効果をまねたものです。
ノイズを拾いやすいエレキ・ギターのハイ・インピーダンスの信号をロー・インピーダンス化してノイズ対策&ハイ落ちを防ぐというヤツですね。
コンパクト・エフェクターを何台も繋いでいると高域がモコモコしてしまうのが、これを頭に繋ぐとコモっていた高域がスッと抜けて気分爽快です。
そしてブースターにも使えて出力をAとBに切り替えられる(例:アンプとチューナーなどに切り替えられる)というスグレものです。本物は当時3万以上していましたが、これは秋葉原でパーツを買って来て5〜6千円くらいでできました!
まだ高校生の頃だったから、お礼は友人に昼飯をおごってあげたぐらいだったかなぁ?(笑
[PR]
by DolphinDreams | 2011-06-28 12:42 | Equipment | Comments(2)


僕の好きな音楽やギターのことを中心に、その他諸々のブログです。


by DolphinDreams

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Acoustic guitars(6)
Electric guitars(12)
Bass guitars(2)
Musicians
Equipment
Accessory
Session
Live Schedule
Nature
風景
自転車
in hospital
ご挨拶
未分類

最新の記事

Cordoba Guilel..
at 2017-03-02 23:18
2017年 謹賀新年
at 2017-01-01 17:18
JOYCE MORENO &..
at 2016-08-31 00:38
第68回 鎌倉花火大会
at 2016-07-22 11:17
Pat Metheny & ..
at 2016-05-18 02:11
JAZZセッションに行ってき..
at 2016-04-27 22:54
名渡山 遼 #2
at 2016-01-20 23:39
MOON REGGAE MA..
at 2016-01-02 11:12

最新のコメント

おお!ついにレコーディン..
by DolphinDreams at 23:41
これが噂のミニガットです..
by カルロスゴン at 17:26
是非やりましょう! ち..
by DolphinDreams at 03:03
↑アカウントが画伯のママ..
by takumi_sejima at 09:56
楽しかったね。ねえ、今度..
by takumi_sejima at 09:53
>カルロスゴンさん い..
by DolphinDreams at 21:58
ウクレレでSmoky? ..
by カルロスゴン at 21:25
>カルロスゴンさん ま..
by DolphinDreams at 16:49
MOONギター購入おめで..
by カルロスゴン at 01:48
おー、DUOセッションで..
by DolphinDreams at 22:07

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月

フォロー中のブログ

Milestones (...
BRAVE HEART
■おお『空』見よ
b - r o a d
瀬島匠 アトリエクラージュ
週刊 横濱80’s

その他のリンク

記事ランキング

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.co..
from venushack.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

音楽
コレクション

画像一覧